医療関連情報

ネットの普及からブログの闘病記に思うこと

ネットが普及してから、ブログなど個人の声が手軽に公になるようになりました。
閲覧することも簡単で、遠い存在と思われていた有名人の声も閲覧出来ます。
そんな中ある有名人の闘病ブログを拝見しました。
病状を始めプライベートな内容を赤裸々に公開されていて、どなたかの為になればとの趣旨で公開されているとのことです。
病気になって困るのは社会から切り離されると感じることで、そして医療のことも気になります。
どんな医療を受けているのか、どんな経過が待っているのかなど、ネットのブログは自宅に居ながらにしてそんな貴重な情報を得られて助かります。
そんなブログはその有名人の方を始め一般の多くの方も公開されていて、それぞれの病気に悩む方の参考や救いになっているように思いました。
個人が受けた医療行為は中々公にならないもので、それをご本人が経過を交えて公開されることは医療の発展など色々なことに役立っていると思います。
ネットやブログがなかった時代に闘病されていた方のことも思いながら、私も闘病することがあればブログを公開して社会のお役に立てればと思いました。