医療関連情報

医療レーザー脱毛に関する基礎知識

医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素だけに作用する独特なレーザー光を介しての脱毛方法になります。
レーザーをあてると皮膚の下にある毛根のメラニン色素自体が光を吸収します。
そして、光そのものが熱に変化し毛根を壊すという方法になります。
まわりの皮膚には影響を及ぼさないことから、痛みがあまりなく能率が良い脱毛法と言われています。
しかしながら、これに関しては医療行為となるので、皮膚科といった医療施設でしか受けることができません。
厚生労働省の通達において、エステサロンにおけるレーザー脱毛につきましては医療法違反と定められています。
毛につきましては毛周期がありまして、レーザーに関する効果が得られるのは成長期のみになります。
退行期に関してはメラニン色素があまりなく、休止期の毛においてはメラニン色素がないことからレーザーの効果が上がらないといえます。
レーザー脱毛に取り組む際は、体のゾーンによって異なる毛周期にしたがって照射を実施することが必須となります。